化粧品は年齢別に変えよう【40代から始めるミラクルケア】

girl

間に挟むことで肌を改善

浸透しやすいナノサイズ

girl

美容メーカーが提案する基礎化粧品の中で、40代におすすめされているのが美容液です。20代・30代では、乾燥を予防する化粧水や乳液などの化粧品が、将来の小じわに結び付けないためにおすすめされているものの、40代ではエイジングサインが見え隠れするために美容液による老化予防が提案されています。特におすすめされているのがブースターセラムで、吸い込みの良い肌へ改善させる力を引き出してくれます。また、40代の肌のキメの粗さに配慮するのが基礎化粧品の持ち味でもあり、スキンケア成分の浸透力を高めるため、ナノサイズ・ナノキューブを取り入れています。化粧水のみではキメまで整えられない肌年齢でも、ブースターセラムのキメを整える作用により、肌の奥深くにまで有効成分が浸透しやすくなり、美しさを引き寄せられる肌改善ができると人気を集めています。

手持ちの化粧品の効果

40代の基礎化粧品選びでは、肌を甦らせる効果のある美容液を取り入れる一工夫で、どんな肌悩みも改善へと近づけられるメリットがあります。特におすすめなのがブースター美容液で、ゴワつきやすい角質層の奥にしっかり浸透し、ふっくらハリある肌へと甦らせる効果が期待できます。女性の肌は弱酸性であるのが特徴ですが、アルカリ性へと変化させるブースター美容液を肌へ塗布することによって、代謝が活性化され、保湿成分として機能する酸性物質を分泌してくれます。基礎化粧品の1つとなる一般的な美容液は、スペシャルケアとして取り入れるケースが多いものの、化粧水と乳液の間に挟むブースター美容液によって、日頃使っている基礎化粧品の吸収や浸透性をさらに良くしてくれる魅力も挙げられています。

Copyright©2015 化粧品は年齢別に変えよう【40代から始めるミラクルケア】 All Rights Reserved.